ミニ屏風と京扇子の倉屋
倉屋のバナー

 ボタン Top ボタン 概要会社 ボタン 商品案内 ボタン 通信販売  ボタン メール



商品のご案内>光琳紅白梅図屏風>尾形光琳について


江戸中期の絵師・工芸家・蒔絵師(1658年〜1716年)。
京都の高級呉服賞の次男に生まれる。
弟は乾山(陶芸家)。

絵は最初、父から手ほどきされ、狩野派に学ぶ。
後、俵屋宗達の画風に傾倒していく。
染色や蒔絵の衣装、弟乾山焼(陶器)の絵付けもしている。

自由奔放さと華麗で濃厚な表現の上に技巧的なところを
加味して、琳派と呼ばれる独自な作風を確立した。

号は光琳の他、方祝・積翠・砂声・道崇・清々・寂明等がある。
代表作品に紅白梅図屏風・燕子花屏風・風神雷神図屏風・
伊勢物語図等がある。





Top


Back